お中元の起源とお得に贈る方法

お中元は、中国の中元(7月15日)に神様にお供え物をすると罪が許されるという道教の教えから来ています。
それが日本に渡り、もともと日本にあった祖霊を祀る慣習と結びついてお中元、お歳暮という年中行事になりました。

お中元の情報を確認できるサイトです。

「同じ釜の飯を食う」といいますが、1つの火で煮炊きしたものを一緒に食べることが「つきあい」になると人々は信じており、それを簡略化したものがお中元やお歳暮です。
そのため、お中元には食品を贈ります。

虚礼廃止という考え方から昔ほど行われなくなったお中元の慣習ですが、お世話になった人にお礼の品を贈るよい機会として捉える人も少なからずいます。


相手に喜んでもらえて、なおかつお得ならいうことはありません。デパートや大型スーパーの早割を利用すれば1割ほど安く購入することができ、送料が無料になる場合もあります。



出向くのが大変なら、ネットでも利用することができます。

期間は店舗により異なりますが、ほとんどの場合6月末から7月上旬ぐらいまでです。


遠方の方なら自分が住む土地の食べ物を、製造直売店から贈ると喜ばれます。店にもよりますが、まとめ買いをすると安くなる店もあります。その土地でしか買えないお菓子や肉、味噌、地酒などが人気です。オンラインショップの激安を売りにする贈答品専門店もあります。
半額で買える店もあるので探してみるとよいでしょう。
贈答品の解体販売があれば、自分用の品も一緒に安く買うことができます。