Skip to content

手相で生命線から読み取れること

生命線は手相の基本線です。

生命力に関わりが深い線だと言われていて、人差し指と親指の付け根の間から、手首の方向に向けて弧を描きながら伸びる線のことを指します。手相では健康状態や気力やスタミナなど心身の健康状態を読み取ることや、体力や肉体労働に向いているかも読み取れるため、仕事の適正とも関わりがある線だと言えるでしょう。生命線は、その濃さや長さによって読み取れることがあります。線が濃い場合は心身ともに健康な状態で気力や体力に溢れている状態です。

どんなことにもエネルギッシュに活動出来るため、困難にぶつかったとしても乗り越えられる気力と体力を持ち合わせていると言われています。また、自信に満ちている状態のため、ストレスを溜めにくく病気に対する免疫力もあるようです。線が薄い方は、体力が少なめで虚弱体質であるとされています。気力が長続きしなかったり迷いが多かったりする場合もありますが、感性が鋭く知能的センスが優れているとされています。知識や感性が生かせる分野では力が発揮できると言えるでしょう。

生命線が手首に届くほど長い方は、生命力に溢れ前向きな状態にあると言われています。万が一、病気やケガをしたとしても症状が軽く回復が早いとされ、健康で長寿でもあるようです。生命線が短い場合は長い人に比べるとストレスが溜まりやすく体力が少なめだと言われています。規則正しい生活をして体力や精神力を回復する必要があるようです。このように手相には生命線から読み取れる物が多くあります。健康状態を確認したい方にとって参考になると言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *