Skip to content

手相の知能線が語る本当の意味って!?

別名、頭脳戦とも呼ばれている知能線ですが、短かったり、なかったりすると知能が低いとかという意味を持っている線ではないです。

改めて知能線の本当の意味を知ることで、今まで気が付いていなかった自分に出会うことができるかもしれません。知能線の場所ですが、人差し指の付け根あたりから親指側に1cm程度下に下がったところから手のひら側に向かって横に延びている線になります。知能線は長かったり、短かったり、二股に分かれていたり、2本あったりなど人によって様々です。線が知能線という名前で呼ばれているため短いと知能が引く人間だと思われることが多々あるのですが、実はそんなことは全くなく、線が短い人は頭の切り替えや決断が早く、直観力を重視します。

そのため失敗を多く繰り返し、痛い目を見ることで知識や技量を身に付ける傾向にあるようです。逆に、線が長い人はというと物事をじっくり考えるタイプで納得してからでないと行動を起こさない傾向にあるようです。これだけだととても良いように聞こえるのですが、決断力が遅いため目のチャンスを多々逃してしまうという欠点も持っています。

二股に分かれている線を持っている人は、仕事とクリエイティブの両方の能力を持っている多才なタイプなのですが、飽きっぽいという欠点もあるようです。二本の線を持っている人は、個性や才能が2倍あると言われていて頭の回転が速く、独特の感性を持っているとされています。この他にも様々なもの存在しているので、いろいろと調べてみると意外な自分の一面を発見することができて面白いかもしれません。手相は統計学なので、この手相を持っている人にはこういう人が多いということを表しています。手相を信じ込み過ぎて本当の自分を見失わないことも大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *