Skip to content

知能線で何が分かるのか、手相を占ってみよう

知能線(頭脳線)は、親指と人差し指の間から真ん中位を横に横切る線の事を言います。

この線で何が占えるのかというとその言葉通り、頭の良し悪しが分かるのかと思いがちですが、実はこちらの線には能力や個性が表現されているので仕事の適正を見る事も出来ます。手相で仕事運を占うには、手のひらを真ん中に縦に伸びる「運命線」が良く用いられますが、こちらの線でも合わせて見る事が出来ます。それでは、様々な知能線を紹介していきましょう。まず、ハッキリとした知能線の場合、頭の回転が速いと言えます。

逆に弱弱しいと頭を使うのが苦手なのかもしれません。生命線が2重で並々外れた体力の持ち主の人がいるように、知能線が2重になっている人もたまにいます。手相では知能が人の2倍あるということになるので非常に賢く、頭を使う事が得意でしょう。また、こちらの線の起点が生命線と重なっている人と離れている人がいるのですが、その人の実行力を見る事が出来ます。

沢山重なっているほど何か物事を起こす時に慎重で、離れているほど実行力が高いと言えます。勿論どちらが良いということではなく、大切なのはそのバランスです。手相を見る際重要な主要3線とは、生命線、感情線、知能線と言われているのでそれだけ影響力のある線だといえます。まず、調べたい内容が(健康とか、仕事など)どの線をみたら分かるのか、そしてその見るべき線が他の線に比べてどうなのか総合的に見ていくことがとても大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *