Skip to content

知能線が示すのはどんな手相?

知能線とは、手のひらを横切るように走る線のことです。

親指と人差し指の付け根の間から始まり、基本的に薬指の下ぐらいまで伸びています。まれに2本の知能線が並んでいる手相も存在しますが、これは周りと違う独特の感性を持っていたり、頭の回転が速かったりする人によく見られるとされています。知能線が短く中指の下あたりで終わっているのは、切り換えの速さや決断力の高さを示す手相です。じっくり物事を考えるのは苦手ですが、その分行動力があってポジティブ思考の人が多い手相だと思われます。

逆に知能線が長く小指の下ほどまで伸びている人は、物事をじっくり考えてから行動するタイプのようです。知能線の終わりが2~3本に枝分かれしているのは、好奇心の強さやチャレンジ精神の旺盛さを示すとされる手相です。これに加えて線が下向きに伸びている時は、特定の分野に強い興味と才能を発揮することを示しています。

この線を持っている人は、例えばマスコミやクリエイティブ系の分野で成功する可能性があると考えられます。3本以上に枝分かれしている場合は、様々なことに興味を引かれており、そのどれでも才能を発揮できる可能性が高いです。線が途中で切れている場合は、考え方を大きく変えられる出来事が発生するかもしれません。それによって生き方や性格も変化する可能性があります。あるいは、どんな物事に対しても飽きっぽい現在の性格を示していることも考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *