Skip to content

手相で知能線を占ってみよう

人は何かに迷ったりする時に、何かに頼りたくなってしまうものです。

本当は心の中で決断できている事でも、誰かに背中を押して欲しいために相談したりすることがあります。ただそういった相談に乗ってくれる人が周囲にいる場合は良いのですが、もしもそういった方が身近にいない場合は、どうしても占いなどに走ってしまうことがあるのではないでしょうか。そのような時に取り入れやすい占いに、手相占いがあります。沢山ある占いの中でも、比較的当たりやすいと言われていますが、それは何故かというと統計学を元にした実績があるからです。

例えばかつて昔に存在した偉人の運命は、このようだったがその人々に共通した手相があったというデーターがはっきりと証明されているからです。この手相の見方ですが、一般的に有名な生命線だけでなく頭脳線や知能線というもので大体の大まかな性格などをみることが出来ます。

中でも知能線というのは一見すると、長ければ長いほど頭が良いというイメージがあるかもしれませんが、ただそれだけではなく発想力や判断力などの、その方が持っている頭の回転の良さなどを表すことのできる重要な線である事に間違いありません。特に有能な知能線は二本知能線がある人で、難しい問題に直面したとしても必ず突破口を見つけだす事ができる天才的な頭脳の持ち主であると言われています。もしもこのような線が自分にあったとしたら、今悩んでいる事柄も自分の力で必ず突破できるという自信になるはずです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *