Skip to content

手相の「丘」ってなに?どこにあるの?

みなさん手相占いはお好きですか?手相を見る時、つい手のひらの線に注目しがちですが、じつはもうひとつ注目してほしい場所があるのです。

それは「丘」と呼ばれる部分です。手のひらを見てみると平らではなく、ちょっと凹凸があることが分かります。それが手相の「丘」なのです。指の付け根の盛り上がっている部分にはそれぞれ名前があり、全部で9つに分けられています。この「丘」1つひとつに意味があり、盛り上がり方やその上にかかっている線でいろいろなことが分かるのです。基本的に「丘」の肉づきが良くふっくらとしていると、それが意味している能力や才能が発達しているということになります。

肉づきが良くてもその上にかかっている線が薄かったり、消えていたりするとまだまだ努力が必要というメッセージです。もしかしたら隠れた才能や能力があるかもしれません。手相を見る際は線の濃淡や長さだけでなく「丘」の盛り上がり方や場所などにも注目してみましょう。生まれ持った才能や能力も日々の生活の中で目標を掲げ、努力していかなければ向上しません。

運気を上げるためには自分自身が常に前向きに楽しく生活することが基本です。占いの結果に一喜一憂することもあると思いますが、より良い人生を生きるためのヒントやアドバイスとして受け止めてみてください。今まで気づけなかったことを見つけたり、運を引き寄せたりするかもしれません。あなたの知らない一面が開花する予感です。
手相の丘のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *