Skip to content

手相で恋愛運を鑑定する際の特徴

占いには色々な種類がありますが、中でも手相占いは人気がある方法の1つです。

手相は色々な運を見ることができるのが特徴ですが、恋愛運を鑑定するにはどのように見ていくと良いのでしょうか。代表的な特徴や種類などを確認しておきましょう。まず左右どちらの手で見た方が良いのかに注目です。どちらでも良いかと思いがちなのですが、左右それぞれに特徴があります。

右手の場合は現在進行系の後天的な運勢を表わしていると言われ、日常に影響するような運が分かるともされています。そして左手の場合は本来生まれ持った先天的な部分が表現されており、その人の基本となるような部分を表わしているのが特徴です。この事から恋愛を占うには「右手」の相を見る事が望ましいとされています。恋愛線という物は、感情線のラインから繋がっており、生命線側に向かって伸びている線の事を指します。

この恋愛線は長いほどに強いという事が特徴で、伸びている長さに応じて恋愛運が充実していると言えるでしょう。逆に短い恋愛線の場合は、恋愛が実らないというケースが多く、片思いどまりという事も見受けられます。また手相で小指の付け根部分にある横線があるのですが、これは結婚線という物で恋愛運にも大きく関わってくる線です。

この結婚線は長さや太さなどで判断しますが、特に数が多くある場合は結婚までに至るチャンスが多いという事を表わします。一般的にはこの結婚線は2~3本程度なのですが、4本以上もあるという方もいらっしゃいます。このケースは結婚のチャンスも多く、恋愛経験が豊富になりやすいという事が言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *