Skip to content

恋愛運を手相で見る方法のポイントとは?

男女とも自分の関心事には恋愛運が存在するのか否かで、人生においても結婚などで幸せにも繋がるため、重要な要素として考えられます。

まず手相を見る場合には、右手か左手のどちらかで見るかが疑問に思うことがあります。一般的に恋愛運を見る場合には感情・日ごろの行いなどの後天的な要素が強いので、それが現れやすい右手で見るのが良いとされることも多いです。手相で恋愛運を見るべきポイントには、上方に存在する感情線を意識すると良いです。

その感情線の先端部分より生命線の方に延びている線が見られますが、それは恋愛線になります。手相を鑑定する上では、こうした線がくっきりと長く延びているのが良いとされ、長く延びていれば延びているほど大恋愛をする可能性が高いです。一方、逆に生命線に達しないほど短い線である場合には、儚い恋愛に終わったり片思いで終わりやすくなります。また手相の恋愛運を見る上では、結婚線も存在するのでそれも診断する必要があり、結婚線は小指の下に位置する横線です。

それが複数本、存在すればするほどモテると言われ、大抵は2~3本の範囲で収まっているのが一般的になります。他にもモテ線というのも存在し、手首から中指の方にかけて運命線が現れますが、その運命線から右下の方角に延びる線がそれに該当します。モテ線は常に現れているわけではなく、それが現れているときはモテ期にあるとされています。さらに恋愛運が強い方は、上方の感情線が二重に存在する方で、それが存在すると多くの異性にもモテる傾向が見られます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *