Skip to content

手相において強運の持主の証であるますかけ線

手相を用いた占いはメジャーな存在であり、人それぞれには個性的なものを持っているとされます。

なかでも将来の成功などにも繋がる強運の持ち主が持つ独特の手相が存在し、その一つがますかけ線を見ると良いです。ますかけ線は猿線、百握りとも呼ばれて親しまれており、それは知能線と感情線の二つの線が一つになって手を横切る形で示している線となります。実際にこの手相が見られるのは、片手だけが多いですが、両手にそれが見られる場合は稀有の存在と言われております。

一般的にますかけ線が現れている場合には、人の上に立つリーダーシップに優れているとされ、社長や様々な分野でのリーダーが多いです。もっとも天下取りの相とも呼ばれていることもあり、この手相を持たれる方は大吉相なので周囲からもうらやましがられます。一方では強運の持ち主と言われているのは、大惨事や大事故に遭遇しても命拾いをすることがあり、そういった危機的な状況を容易に脱することが出来る点でも注目することも可能です。その理由に関しては大惨事や大事故に遭遇しないことも強運ですが、それに遭遇して難なく切り抜けることができることも強運の持ち主と解釈できます。

なお手相占いにおけるますかけ線の種類には9つのパターンが存在するとされ、別に感情線がある場合、知能線がある場合、鎖状になっている場合が存在します。他にも上向きで合流している場合や下向きで合流している場合、橋渡しが存在する場合なども見られます。これらの相が現れていると物事を粘り強く行ったり、努力やアイデアが成功に結び付きやすく、クリエイティブな分野で力を発揮することも多く見逃すことができません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *