Skip to content

手相におけるますかけ線とは

世の中には運がいい人もいればそうではない人も存在します。

誰だって運がいい方がいいに決まっていますが、残念ながら意思ではどうしようもないモノです。そして手相における強運の相というのがますかけ線で、聞いたことがあるという人も多いでしょう。他にも猿線、百握りといった言い方で呼ばれることもありますが、全て同じ線を指しています。そしてますかけ線というのはかなり珍しい手相であり、片手にあるだけでも凄いことですが、中には両方の手にあるケースも存在します。

ちなみにますかけ線は知能線と感情線が1本に交わったモノで、真っ直ぐに掌を横切る線です。この線があると掴んだ幸運は絶対に逃がさないと言われていますし、手相ではかなり縁起がいい相と言うことが出来ます。天下を取る人にあると言われ、強いリーダーシップを発揮することが出来ます。他にも天才的なアイデアを生み出すことが出来、集中力も高いと言えるでしょう。その上コミュニケーション能力もあり、魅力的な人が多い手相です。ただ性格は頑固で拘りが強く、大成功後にどん底に陥るなど波乱万丈の人生を送ることになります。

ちなみに片方にこの線が出る確率は3%~4%程で、両手にある人は1000分1の割合と言われてます。そんな両手にますかけ線がある人は威力も倍増となるので、かなり個性的で浮き沈みの激しい人生になると予測できます。つまり両手にあると普通の生活を送ることは難しいと言えます。
手相のますかけ線のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *