Skip to content

ますかけ線は強運の手相

人生は長いようで短く、またそれぞれどのような運命を歩んでいくのかということは誰にもわからないものですが、自分が歩んでいく人生の道しるべのようなものが有れば知りたいと思うのが人の心理というもので、特に重大な人生の決断をする時や、本当にその方向に進んで良いのかということを迷った時などに利用されています。

歴史的に見ても、政治家や時の権力者がそういったものを信じていたり、古くでは邪馬台国の卑弥呼もそういったことをしていたと言われています。そういった占いの中でも身近なものに手相占いがあります。この手相というのは、実際に一毎日少しずつ変化していくもので自分の性格や特徴がわかりやすく、基本の三本の線をみて判断します。まず長生きするかということを知る、生命線というものと、どのような性格かということがわかる感情線と、どのような判断力があるかということを知る頭脳線があり、それ以外にも人気のある人に出る人気線や、結婚する年齢がわかるという結婚線など様々な線があります。

出来れば良いものや、強運と言われるものであってほしいものですが、その中でも代表的な特別手相に詳しくない人でも、知っていると思われる線の一つに、ますかけ線というものがあります。ますかけ線は別名で天下を取る手相と言われていて、つかんだ運を離さないということと、人の上に立ちリーダシップを取る人に多く、大変縁起の良いものです。もし、ますかけ線が現れたらチャンスだと思って、積極的にいろんなことにチャレンジしてみるのも良いかも知れません。
手相のますかけ線のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *